プロフィール

プロフィール

旧新日本製鐵に勤務していた母により子供の頃から研究所へ出入りしており、ゲームで遊ぶよりも作るところから始めなさいという人生のビジョンを与えられ、睡眠時間を3時間という極限まで無駄を削り効率と合理化を追求した20歳まで続く人生のスケジュール表を13歳の時制作してプログラミングのための時間を作り基礎を習得しました。

19歳の時、勤務していたアルバイト先の社長や上司に才能を見出され、リクルートや本田宗一郎、広告代理店など有名な企業の経営ノウハウを学び実践に活かした。取引先との交渉なども行いビジネスに関するノウハウや商売について年長者との交渉の中から様々な知見や経験を獲得。1年で年間売上を2倍に増やすなどの実績を得ました。

将来コンピューターを使ったビジネスへの参入を計画し、コンピューターの使われている様々なリアルな現場の状況をリサーチした。販売店や大手百貨店、ITおよびゲーム系コールセンター、流通、コンピューター機器開発、リペアセンターなど様々な現場の実態を把握しました。

2011年にアプリ開発をスタートして入念に市場をリサーチした上、得意のゲーム開発経験を活かしたゲームアプリをリリースさせ初めてのアプリ「CostSaver」リリースで総合ランキング上位を達成しました。

事前に十分にリサートしていましたが初アプリで総合ランキング入りという業界でも類を見ない記録のため初心者にもわかるアプリ開発勉強会を主催し、100名を超える参加者が集まりました。

ビルゲイツ氏と学生時代から交流のある優秀なCEOが率いるベンチャーにスカウトされ鉄道事業に関する研究開発アプリ開発事業担当として採用され活躍しました。

研究開発以外の開発やデザインへの関心を持ち、単純に納品して終わりのビジネスのための開発よりも、実際に顧客の置かれている課題の解決を重視し、その課題を解決するために何ができるのかを考えていた時、様々な企業から声がかかり様々なプロジェクトへ参画。総務省の数億円規模の案件にも現場牽引のマネージャとして採用され活躍しました。

特に省庁のプロジェクトでは関与先が多く、必ずしも自分の意見や意思だけでは物事が動かせず、結果として実際に使われないシステムになってしまったことなどへの反省から、より小規模のプロジェクトで結果が出せないかを考え、予算規模は小さいが裁量権を強く持てるプロジェクトを選別して、ユーザの要求に答えるだけではなくもっといいアイデアを提供し、ユーザへ提案し続けることで毎日継続して改善を繰り返し続けることで期待を上回るシステムを提供するよう活動しました。

プロジェクトによっては経営会議に出席が要請され、経営に関わる意見や助言なども行ないました。

プライベートでは認知症家庭の問題にボランティアで対処したり地域の子育てコミュニティの活動やスタートアップ企業に助言やサポートをするなどの取り組みも始めました。

デザイン分野では超有名アーティストの作品作りに毎年依頼されているプロの写真家に弟子入りしてスタジオ撮影や1台数億円の商品のマニュアル掲載の作品撮影などにも参加。また30名のデザイナーサークルを半年間運用してデザインに関する様々な知見を共有して学習できる環境を構築し実践しました。

プロジェクト実績

JR東日本、JR九州 10を超えるプロジェクト開発上流工程
Enish社アプリ開発
阪神電鉄システム開発上流工程
Tokyo Girls Collection Fasion関連アプリ開発上流工程
総務省セキュリティシステム開発上流工程
富士フィルム社アプリ開発上流工程

などなど膨大無数なプロジェクトに参加

取引実績企業

総務省
NTT Communications
Softbank
富士フィルム
JR東日本旅客鉄道株式会社
JR九州旅客鉄道株式会社
阪神電鉄
Enish
Tokyo Girls Collection
modelpress
I-Net

様など

(予算規模600万~18億円)

キャリア

プログラミング数10年(人生の70~80%)
アプリ開発・アプリUIデザイン10年
Web開発15年
経営5年(一般ビジネス)
会計実務5年
接客販売5年
写真(フォトグラファー)3年

2019年時点

趣味

趣味は旅で写真を撮っています。箱根の岡田美術館を訪問し感銘を受けましたが、こちらはユニバーサルエンターテインメント創業者岡田和生氏の設立した美術館だと知りました。美術館建築や美術品だけではなく、周辺の施設やサービスなども優れておりこのように考え抜かれた仕事を提供したいと考えております。

岡田美術館外観夕景
岡田美術館夕景

お酒や甘いものが好き

甘いものに目がありません
甘いものにも目がありません

ゲームも好きです

ゲームもします
いろんなゲームをたまにします

アプリ開発勉強会事例

アプリ勉強会
アプリ勉強会-がんばれ森川君2号の森川さんと勉強会を開催しました