ITネタアプリ開発ひみつ道具未分類無料プログラミング・IT講座王子からのお知らせ

Core i9 Mac VMWare&Windows10でベンチマーク取ってみた!

やっほー!僕の記憶が確かだったら宇宙の方からきたよ!

なんか今日は夢を見たんだけど…

 

ってなんの話やねん!

 

今日はMacだけどWindowsの話なんだよねー!

 

この前VPNネットワークという遠隔地の拠点と2つの場所を暗号化したネットワークで接続しているんだけど、ずっと昔からこうやってリモートコントロールしているんだ。カフェにいながら家のPCをスマホで操作したり寝ながらとかお風呂からも操作できるんだ。

 

VPNの話はこちら

Intel Core-i9のMacbook Pro 16inch

この前、M1のMac miniをゲットしたけど、この後いろいろ実験するけど、今日はIntel Core-i9のMacbook Pro 16inchの話なんだ。

旧環境における最強Mac

そういう意味でCore-i9のMacbook Proを買っておいたんだよね。新製品は出るだろうと思っていたけど、Macの場合OSが後に戻れないので古い環境で動かすには本体を古くしておくしかないんだよね。僕は基本的にApple向けのシステム開発が主体なのでわざとそうしているんだ。

上がCore i9のMacbook Pro 16ich、下がM1のMacbook airだね。

 

別に普段使うならWindowsでもUnixでもそれ以外でもなんでもいいんだけどね。

 

M1のMac miniも動画編集やエンコードには特に向いている、コスパは高い!1番のメリットは性能に対する電力が少ないことだね。電気代がかからないし、熱も発生しない。そして小型であることがポイントだね。ディスプレイをつながなければどこに置いてもいいからね。

ゲームや3D開発には向かないかな。

開発環境もまだ作るのが難しかったり、常に最新環境の仕事ってそんなにないんだよね。

用途によってはApple製品じゃない方がいいことも多々あるよね。

基本的にはMacにWindows突っ込んだり、他のOSいれればいいだけなので。本当になんでもいいんだけどね。

正直、WindowsにMacつっこむのも簡単なので単純にライセンスを守っているだけなんだよね。誰得謎

 

Intel Core-i9Macでベンチマークを取ってみた

だいたいこんな感じ。

*Windows10の機能では3Dグラフィック検査ができないため9.9で表示されている

 

Windows10でのベンチマークの取り方

  • Windows+Rキーで”ファイル名を指定して実行”を呼び出します
  • “powershell”と入力して実行します
  • コマンド”winsat formal”と入力してベンチマーク実行します
  • コマンド”Get-CimInstance Win32_WinSat”と入力して結果を表示します

 

今回ついでに超簡単にWindowsのベンチマークグラフを表示できる機能を開発しました。

上記のベンチマークで表示された結果をコピーしてフォームに貼り付けしてください

(数値部分を書き換えても表示可能です)

 

プログラミングでこんなツールを作っても面白いでしょ?

 

プログラミングもタノシイヨ!

超初心者向け無料プログラミング講座開催中!

それじゃーね!

 

王子