Macアプリ開発ガジェットカメラゲームシステム開発バカゲー開発プログラミングミラーレス一眼レフレンズ写真撮影懐かしのゲーム投資政治日本観光未分類横浜河口湖

令和2年あけましておめでとうございます。CHOIIZUKA Blog新春のご挨拶

令和2年あけましておめでとうございます。CHOIIZUKA  Blog新春のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。昨年はみなさんにとってどんな年でしたでしょうか?私の1年については別の記事に掲載したためこちらでは割愛致しますが、人生いいことも悪いこともどんな人にも必ずあります。結局のところ人生を通して全体的に良かった。と思える時間の過ごし方ができれば最高ですね!

このブログはCHOIIZUKAがお送りしております。2011年iOS開発で初めて開発して世にリリースしたアプリ「CostSaver」が絶賛大ヒットしたことから突然エンジニアになりちょうど8年が経過したところです。その間に大手インフラ企業向けの大規模システム開発やIoT開発、セキュリティシステム開発のプロマネからアプリ開発の実装担当、経営会議に呼ばれていろいろ意見を具申したり苦言を述べたり意図せず幅広く活動しております。(もっと楽がしたいです^^)

将来的にはもう少しフリースタイルで活動したいなあと思っています。

年末年始の富士山撮影

年始の写真を撮るためと去年は1年富士山をテーマに撮影していたので2019年の締めくくりを河口湖で、2020年のスタートを横浜超高層ビルのランドマークタワーの特別展望台から富士山の撮影をしてきました。
ページの見出しには展望台からの写真を選択しました。朝日ではなく夕日ですが、撮影のロケーションとイメージで撮影時間帯を設定しました。

河口湖の撮影報告については改めて追って報告したいと思います。(決してゲームで遊んでしまい時間がなくなってしまったわけではあります謎)

当日の撮影機材

元旦の勢いを示すためにこちらのカメラとレンズを肩がけして行きました。テレコンバーターでフルサイズの望遠1000mmまで狙えますがこの状態だとほぼMFなので少し撮影が難しいです。(特に手持ち時)

SONY Alpa-9 ILCE-9

間違いなく使いやすくコンパクトなので助かっています

作例:https://photohito.com/camera/brands/sony/model/ilce-9/

SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

SIGMA MC-11を経由して使っていますが、決してこの組み合わせの相性は良くないレンズです。AFは遅いですし、テレコンをつけるとMFでないと常用できません。ネットでの評判もいまいちですが単純にたまたま安かったために購入したものですが基本的にはそれほどの問題を感じていません。基本的にはあまり動かないもので使用し動体には別のレンズを使っています。(SONYの70-200mmとか70-300mmとかを持っているほかCANONの70-300mmもあり今年は追加で別のレンズを購入しようと思っています)

作例:https://photohito.com/lens/brands/sigma/model/apo_50-500mm_f4.5-6.3_dg_os_hsm_%28%E3%82%AD%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%B3%E7%94%A8%29/

そのほか

SEL24105G

作例:https://photohito.com/lens/brands/sony/model/fe_24-105mm_f4_g_oss_sel24105g/

SEL35F28Z

作例:https://photohito.com/lens/brands/sony/model/sonnar_t*_fe_35mm_f2.8_za_sel35f28z/

横浜みなとみらいランドマークタワー

デートスポットにも最適ですし、以前はよく夜景を見に登っていました。最近は年に数回登るかどうかですね^^

横浜ランドマークタワー

富士山

当日は16:39日の入り(日没)でしたがランドマークタワー展望台は地上750mにあるため、実際に日が沈むのは角度の関係でさらに遅く見えます。16:25頃入場しましたが来場客の中で「日没が16:39だから間に合わないかも」と騒いでいる人がいましたがそれは地上からの話ですので全然問題ありません。

当日はちょうどいいお天気で白靄がかかり大変綺麗でした。今年一年清々しく生きたいものです。

せっかく1000mmまでの望遠ズームで行ったのですが、半ばネタでしたので1000mmを使うシーンはありませんでした。こちらは800mmくらいのもの。

人の目では夕焼けがあまり見られなくなっても。カメラから見ればまだまだ見えますね。

夜景と夕方の間くらいは面白いタイミングだと思います。人の目では富士山はほとんど見えていない頃ですが。

私の今年1年の目標とするイメージ。キラキラのため富士山が薄れていますが右上に一応います笑

ランドマークタワーは夜景も綺麗です。元旦は営業が19:00までだったようで短いようですね。また元旦に限っては深夜帯と日の出の時間に営業しているそうです。(すごく混んでいると思いますが^^;)

この投稿をInstagramで見る

去年横浜のビルからカップルのかわいい女子が横でiPhoneで撮影していた時うまく撮れないなあという顔をしていたので「こういう時はね、ガラス面に水平にピタッとくっつけて撮ってみてください。少し設定を暗くするのがコツですよ」 「わーほんとだー!」 彼氏が隣にいたため、感動を伝わったとウンウンと頷きエレベーターを見送ったのであった。 みなさんもガラス越しの撮影では是非ガラスからスマホを離さずに撮ってみましょう。 さてこちらは #みなとみらい #yokohama #minatomirai #landmarktower #横浜 #ランドマークタワー #sony #a9 #ilce9 #sel24105g

choiizuka(@choyajuu4s)がシェアした投稿 –

1000mm望遠を無理やり活用

横浜あたりからだと1000mm望遠で富士山はかなり近づきすぎてしまうため当日はほとんど使いませんでした。そこで無理やり使ってみました

月なら使えますね。もっと望遠でもいいくらいですね重いですけど…

時計

上のランドマークタワー夜景から見える観覧車ですがもし時計を忘れたなど時間がわからない場合には望遠ズームが大変便利です。むしろ時計いらないですね謎

今年(令和2年・2020年)の抱負

今年は東京オリンピックの年ですね。今だに賛否両論ありますがXデーはやってくるようです。去年は様々実現できたことが蓄積されてきているので今年はそれを継承してさらに好きなことができるようにしていきたいですね。

旅に出ること

今年は去年より多く旅がしたいですね

写真を撮ろう

すでに日常的に写真を撮っていますし、旅も写真撮影の一環なので改めて言うこともないとは思います。
将来のコンテスト出展などについてはそろそろアクションすべきかなと思います。全く調べていないので今年はちゃんと調べましょう。

日本をテーマにした撮影企画

2018年末に箱根の岡田美術館で受けた感銘から、国外などではなくあえて日本をテーマに撮影していくビジョンを持ち活動を始めました。撮影もなかなか楽しいです。

日本の良さを振り返り9億画素の高解像度で写真を撮影したい動画放送連動企画

日本の良さを振り返り9億画素の高解像度で写真を撮影する企画・機材選定編

【日本を振り返って魅力を再開発したい】撮影旅行に出ます〜出発前準備編〜

アプリ開発

最近日本をテーマにしたクイズアプリ「Master of the 日本」AppStoreよりリリースしました!

2020年は上述のアプリのブラッシュアップをしながら新しいアプリの開発にも取り組んでいこうと思っています。よろしくお願いいたします!

機材導入

将来の活動を踏まえて機材を集めています。今年でおそらく当面欲しい機材は揃うと思っているので、そこからはどちらかといえば撮影をすることの方にモードを切り替えていくことになると思います。

サブカメラ追加

SONY a7RIV

去年様々なテストしたり調査の上、高感度のノイズが発生すること、ピクセルシフトマルチ撮影が室内の静物撮影が前提であって、私の撮影テーマとはあまり合っていない懸念はありますが、小型でも6100万画素の高画素機であり、メインカメラとしてa9を使っているためサブ機として使うことになるのであればデメリットはほとんど相殺可能だろうと思います。こちらをほぼ導入することに決めています。

作例:https://photohito.com/camera/brands/sony/model/ilce-7rm4/

SONY a7R3

上記の高感度ノイズの話を気にする場合はこちらの選択肢もあるかもしれません。
が旧機種のa7R2と画素数が変わらず、撮れる写真としては極端な差は出ないわけでそれでは面白くないと思っています。次点候補。

作例:https://photohito.com/camera/brands/sony/model/ilce-7rm3/

SONY a9II

こちらは導入予定ないですね

作例:https://photohito.com/camera/brands/sony/model/ilce-9m2/

レンズ追加

SEL100400GM

主に動体撮影で使うことを前提に望遠ズーム導入予定の最有力候補です。テレコンバーターで2倍まで行けるため200~800mmまで使える上、制約なく高速なAF、瞳AF、連写撮影が使用でき、レンズの望遠の割には小型軽量(重いですけど^^;)のため使いやすいでしょう。

作例:https://photohito.com/lens/brands/sony/model/FE_100-400mm_F4.5-5.6_GM_OSS_SEL100400GM/

SEL200600G

実際に試用してあまりにも重いため持ち出す可能性は低いため次点の候補としてこちらがあります。優先度的にはかなり低いかもしれません。

作例:https://photohito.com/lens/brands/sony/model/fe_200-600mm_f5.6-6.3_g_oss_sel200600g/

SEL1635Z

上位機種でSEL1635GMもありますがどうしても大型で重くなってしまうため、そうなると機動性に欠けて結局は持ち出さないことになってしまいます。広角は利用シーンが少ないのでむしろできればもっと小型の方がいいのかもしれません。広角では第1候補です。SONY a9やa7R4を前提にする場合、サードパーティでは犠牲になるものがありますが、その犠牲を払うよりも純正レンズである方がメリットが高いと考えています。仕事ではなく趣味であるのならストレスは減らしておく方が賢明だと思います。予算があるのであれば^^;

作例:https://photohito.com/lens/brands/sony/model/vario-tessar_t*_fe_16-35mm_f4_za_oss_sel1635z/

パソコン

予算が許せばパソコンも買い替えを検討しています。

Mac Pro 2019

この際新型のMac Proにした方がいろいろ速いし合理的かも。ただ旅に出ようとしているのでどうかなと思いつつ、リモートデスクトップするならむしろ益々アリかもなあ^^;

そのほか

SSD追加

データ保管にSSDをまとめ買いしようかと。バックアップはAmazon Prime Photoなど

SDXCカード追加

現在256GBのSDXCを8枚程度で回しているのですが、SDXCはバックアップを忘れていたり撮影時に満タンになっていることなどもあるのでまとめ買いして常にストックしておけばとりあえず困らないので合間に買い足しておこうかな10枚くらい。むしろ10枚だと2.5TBになるのでバックアップの方が大変ですね^^;

HDD

HDDは結局壊れるので毎年買い替えて入れ替えています。むしろ安くて驚いた…

投資について

投資については知見がないため投資信託を始めしばらく運用することにしました。将来的にうまく駆使できるようになればOKです。あくまで選択肢の一つですね。

仕事

今年はあえて仕事もアプリ開発に絞って担当しました。現在は都内の超高額マンションのオフィスのあるベンチャーで開発を担当してます。面白い会社なのでしばらく頑張ってみようかなと思っています。スクラムで開発しておりエンジニア求人結構あるようですよ。

令和2年・2020年という年について

今年は東京オリンピックがありますね。ちょうど今日はこんなニュースがありました。

世界でみればイランだけではなく、北朝鮮も相変わらず不穏ですし、韓国の反日感情は高まっています、中国とアメリカも関係はよくありませんが、日本は20世紀にアメリカのアジア牽制の1つの駒としての役割があるため、必然的に隣接する国は不穏になるわけです。海外のTweetでは本日のトレンドは第3次世界大戦がテーマになっていましたが、それに引っ張られて日本のトレンドにも第3次世界大戦のハッシュタグが載ってきました。

20世紀にはおよそ2つの世界大戦があり、日本はアメリカに敗戦し数十年の間は戦争反対国として世界に向けて戦争反対を表明していました。今は昔の話になってしまいましたが。

しかし、2つの戦争が終わった後で、人々が様々な政治的対立や宗教的な対立など様々な対立は起きていますし、それについて戦争によらずに解決してきた事例が全くない中で、どのように人類というものが国家間の紛争やテロという行為に対して平和的に解決できるか、ということに対して具体的に実現できる具体策が現在残念なことに存在していなく実践もされていないと私は考えています。この前提で考えるならば2度あったことは3度目も起きる可能性は高いでしょう。4度目以降もありそうですね。

植民地政策の1つの戦略の1つに紛争を起こす、というものがありますし、内乱を助長させてそれに乗じてつけこむのも西洋がアメリカに植民地を伸ばした頃から基本的な考え方です。またアメリカのように敵国を作ることで軍事力を増大させるやり方も今だに継続しているわけで、つまり敵を作る以上争う相手が存在し続けるわけで戦争がなくなる、などということは夢やおとぎ話に過ぎないのです。

このようなことは世界に起きる日々のニュースから断片的に考えるだけでも想像がつくことであるのになぜそういったことがスタンダードとして考えられていないのか、議論される社会になっていないのかは個人的には疑問としては大きいです。

一方日本の経済で見れば、明らかに将来的に楽観できる材料はないと思っています。大企業はリストラをするしかないでしょうし、様々な企業がどうやって顧客の財布からお金を抜き取るかに注力しています。

2019年河口湖に数回行って感じたことがあります。河口湖ではコンビニでもホテルでもかなりの人々が一生懸命英語を片言でも学んで顧客に毎日向き合っているのです。始めは至らない部分が気になったところもあるのですが、結局一人一人のお客に一生懸命にやっていることの結果、目が行き届かない部分があるといった話に過ぎませんでした。もちろん様々な懸念があることを分かった上で日々一生懸命やっているのでしょうが、私の住む横浜に帰った時この姿勢から見るとかなりのギャップを感じています。おそらく今後河口湖で頑張っていた人々は努力の結果、必ずしも成功するとは限りませんが経験が役に立つでしょう。
おそらく河口湖以外にも同じような地域はたくさんありそうです。

長期的に世界を見た時、ほぼ確実に何らかの戦争は起きるでしょうし、特に日本の置かれた状況の中で日本だけが絶対に戦争に巻き込まれない、などということよりはむしろ積極的に巻き込まれる可能性の方が高いと考える方が理に叶います。それは日本はアメリカに敗戦しつつもアメリカの都合のいい駒として使われるために今の立場があるのであって、日本がなぜアメリカに敗戦した上で過去の戦争は全面的に日本が悪い、ということを日本そのものが公に認めているのです。それでなぜ日本がアメリカと対等の立ち位置に立つことができるのか?できるわけがないですね。

いつか必ず世界で戦争が起こる時、嫌でも日本はそこに加担することになるのではないでしょうか。そうならないことを希望しますがそう簡単ではないのではないでしょうか。

そのようなことを考え理解した上で私はこの一生を私自身が自由に物事を考えた結果、本当にそのようにしたいと思うことのために使いたいと思います。もしかしたらどこかで上述のような戦争や災害などで自分が思うようにできなくなることがあるかもしれませんが、しかし人類全体の歴史でいえばどんな時代の人々もいつもそうだったのです。

というわけで今年は特に意識的に楽しんで生き行動したいと思っています。

追伸

正月にゲームをしました。古いゲームですが面白いですね

by CHOIIZUKA.