システム開発未分類

アジャイル開発に関する情報まとめ

アジャイル開発に関する情報をまとめます

アジャイル開発とは

一般にウォーターフォール開発とアジャイル開発という2種類の開発手法が人気が高く採用されている。
ウォーターフォール開発は主にベンダー受託開発で採用されやすい。要件定義に沿った十分に考慮された設計、高度な開発技術が組み合わされれば要件に対して高度なシステムが開発できることがメリットになっている。しかし前提となる要件定義がひっくり返りやすいシステム開発では工数・費用がかさみがちでせっかく開発したものも設計に立ち上って見直すということになるのであればむしろデメリットになるであろう。

それに対して、アジャイル開発とは上述のような設計〜開発という上から下へ流れるような開発ではなく、全体の開発計画の中で一定期間の間に設計〜開発〜検証を短い期間の中で行いそれを反復させることによって柔軟かつ臨機応変にシステム全体をよりよくしていく仕組みになっている。

一般的にはアジャイル開発によってコスト削減や時間短縮ができる、としているがアジャイル開発を有効活用できない場合には時間がかかる割には完成が見えない開発になりやすい。

アジャイル開発とは?今さら聞けない開発手法のメリット・デメリット …

アジャイル開発 ~顧客を巻き込みチーム一丸となってプロジェクト

「アジャイル開発」とは? 特徴とメリット・デメリットをわかりやすく

アジャイル開発とは | 他のソフトウェア開発手法との比較・違い

Twitter

エラーが発生しました。フィードの配信が停止している可能性があります。再度お試しください。

タイムラインチェックツール

https://queryfeed.net/

書籍

Youtube

システムの7割は動かない

ITプロジェクトはなぜ7割失敗するのか? 「再生人」が明かす炎上 …

システム開発の成功率3割についてビル建設と比較してみる

【第1話】トラブル発生! 動かないシステム (1/3) – ITmedia

個人的には

記事の筆者の開発ではウォーターフォール、アジャイルという手法に則るというよりは、ウォーターフォール開発が有効な場面ではウォーターフォール的な開発を、アジャイル開発が有効な場面ではアジャイル的な開発を臨機応変に駆使しながら進めています。要件定義が甘いプロジェクトでは期間を区切りアジャイル開発で進めながらメンバーないし顧客の理解を深めるようにします。

システムに関わるメンバーの数が増えるとシステムの概念全てからのシステム全貌をイメージできないメンバーが出てきます。そのシステムが将来どのようであるべきかを定義し開発するのがシステム開発ですが、そのシステムのゴールが共有できていないのにウォーターフォール開発を進めてうまくいくでしょうか?

そんなはずはありません。

どのようなシステムを開発することがどのような課題をどのように解決しどのような状態を作るのかはっきりとイメージできていますか?

圧倒的にそのつもりであるだけのことの方が多いです。ほとんどのプロジェクトでは経験豊富なマネージャーなどは存在しません。特に前例のない開発に経験者がいるはずがないのですから。

by CHOIIZUKA.