システム開発プログラミング業界調査

業界調査:無料プログラミング講座

業界調査:無料プログラミング講座

調査結果をこちらにまとめていきます。内容は新しい情報があれば更新。

最新Tweet

  • / ブログ更新しました! \ 小学生でもできる無料プログラミング講座(第17回:ウォーリーを探せみたいなゲーム […]
  • / ブログ更新しました! \ 小学生でもできる無料プログラミング講座(第16回:ドコモガラケーの絵文字を表示し […]
  • 東京地下鉄さん、江東区在住のママを対象の無料プログラミング講座を1月23日よりroom EXPLACE東陽町で […]
  • 厚木市の小学生向けに無料プログラミング講座を開催しまス! 紙コップでつくるゴミ箱を使ってプログラミングのきほん […]
  • 明日は品川区の学童で無料プログラミング講座をしてきます! スクールで継続的に教えるのもいいけど、公的なところで […]
  • すごい(°▽°) ↓ また今回は遠方からも参加希望があったので、全ての講義をYouTubeでライブ配信します! […]
  • Appleが無料プログラミング講座を全直営店で開催 https://www.watch.impress.co. […]
  • 低所得世帯の小学生対象に無料プログラミング講座 https://buff.ly/2ECN5Nw 
  • 大阪の無料プログラミング講座にリチャード・ストールマン降臨とかそういうややこしいこと絶対に起きてほしい
  • モルモンが無料英会話教室で信者の勧誘をするように、大阪の無料プログラミング講座で宗教団体GNUを布教する回

無料プログラミング講座とは

無料プログラミング講座についてGoogleで検索していくつかのサイトをピックアップしてみます。
基本的に広告・宣伝のサイトだと思って斜め話半分で斜め読みしてください。

簡単に言うと人材紹介斡旋資格のある会社が企業へ初歩的なプログラマーを紹介し紹介金をもらうというビジネスモデルに紐づいたプログラミング講座です。

「プログラマになるならない」に関わらず今日テクノロジー技術で世界で競争しているわけですので、プログラミングとは何か?に関する共有知識は持っていた方がいいのではないでしょうか。

無料プログラミング講座のメリット

無料プログラミング講座のメリットについてGoogleで検索していくつかのサイトをピックアップしてみます。
基本的に広告・宣伝のサイトだと思って斜め話半分で斜め読みしてください。

無料プログラミング講座のデメリット

無料プログラミング講座についてGoogleで検索していくつかのサイトをピックアップしてみます。
基本的に広告・宣伝のサイトだと思って斜め話半分で斜め読みしてください。

無料プログラミング講座のトラブル・失敗例

未経験可能なエンジニア求人例

未経験歓迎 システムエンジニア プログラマーの求人 | Indeed

Indeedで見ると月収20万からの求人が多いですね。20~50万の記載のある求人もありますが無料プログラミング講座を数週間受講して就職するタイミングからいきなり50万上限になるはずがないですね。確実に最低ラインになると思った方がいいです。時給1100~1800円という求人もあります。高時給でしょうか?

こんな求人もあります。「オリンピックボランティア時給1600円」

無料プログラミング講座についてのCHOIIZUKAの考え

無料を謳って人を集め、数週間のような短期間でプログラミングをマスターしたと言って企業へ送り出すわけですが、これはどのようなプログラマになりたいのかというビジョンに関連する問題として考える必要があると思います。
とりあえず仕事に就くことができ、ある程度プログラミングについて初歩的なことがわかればいいということであれば理にかなっていると思いますが、将来展望としてどこまでも成長を初めから目指しているとすればこのような短期間の習得からいきなり現場に派遣されるというスタイルでは考える時間を奪われてしまい得策ではありません。プログラミングと言っても規模の問題があります、全体の一部分のプログラミングなのか、システム丸ごとかといった部分で大規模のプログラミングをいきなり初心者から丸ごと任されるわけがありません。

また、講座としては生徒を納得させ、相手企業に紹介できればお金になるのですが数週間の教育で超優秀なエンジニアがいきなり生まれるかというとそんなはずはないわけです。
結局のところ末端のエンジニアと言うことになるわけですが、この辺りのエンジニアの報酬はどの程度かを考える必要があります。

また、教師側のスキルや経験の問題もありますが、はっきり言って習うのなら優秀な教師に習う方がもっとも効率がいいのですが、このビジネスモデルでは数週間でプログラミングに関する初歩的な部分を教えて企業に紹介するという形ですから、大規模開発であるような問題に遭遇するような場面がありえないわけです。

この話は基本的に甘い蜜には裏があり、急がば回れという教訓がもっとも近いと思います。またリスクとしては、就職を前提に無料での講座が受講できるという点がもっともリスクが高いです。僕なら絶対に使いません。

実はITへの転職を模索していた時期に、講座つきを謳う会社の面接に行ったことがありますがその時の顛末はまた別途記事にしたいと思います。六本木に社を構えていました。

また、この結論だと無料プログラミング講座を使うな、という結論になってしまいではどうすればいいか、と言うことになってしまうため、そちらについても今後別の記事を作成したいと思います。

アメブロにも記事を書いています。

日本におけるプログラミング教育の今日について

iOSアプリ開発を中心にしたシステム開発におけるデザイナーとエンジニアの考え方

ご注意:原則としてWebの情報は宣伝目的、ビジネスのために作られた情報が多いです。そのためそれを見越して読解する必要があり頭から鵜呑みにすべきではありません。全ての情報がそうです。

by choiizuka.